×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

恋愛

再告白をして良い場合、ダメな場合

一度告白して失敗しても、再告白をして上手くいくこともあります。

 

しかし再告白はして良い場合とダメな場合があります。

 

再告白の是非は、告白した時の断られ方や相手との関係によってで変わってきます。

 

 

例えば告白をしたときにはっきりと断られた場合、『嫌い』という言葉を使う人は少ないと思いますが、興味を持てないようなニュアンスで断られることがあります。

 

そんな場合は、しつこくするよりもすっぱりと諦めて、再告白はやめておいた方が良いでしょう。

 

相手がしっかりと意思表示をしているのに、しつこく誘うのはよくありません。

 

そんなことをしてしまうと、どんどん嫌いになってしまったり、しつこい場合ではストーカーと思われてしまうこともあります。

 

 

それに対して、告白をした時に、
『嫌いじゃないけど友達としか思えない』とか、
『今の関係が楽しい』と言われた場合は、
今はただ男性としてみられていないだけです。

 

この場合はそのまま友達として仲良くしていくことができます。

 

したがって、付き合いを続けながら、少しずつ男としての自分をアピールしてゆき、どうすれば好きになってくれるかを考えていけば、まだチャンスがあります。

 

 

そのとき、普通にこのまま仲良くしていくのも良いですが、たまにふと距離をおいてみて、相手に考える時間を与えてみると良いでしょう。

 

そうすれば、知らないうちに好きな気持ちに気づくこともありえます。

 

焦らずじっくりいきましょう。

 

そうなれば、再告白のチャンスもやってくるでしょう。

 

 

ブログパーツ

関連記事

最新記事

スポンサードリンク

ページの先頭へ

大人の恋愛と女性心理 > 上手な告白の方法は? > 再告白をして良い場合、ダメな場合

大人の恋愛と女性心理について

大人の恋愛のための出会いのコツや女性心理を理解して恋愛が上手くいく方法について解説しています。あなたの恋の成就のお手伝いをします。

Copyright  大人の恋愛と女性心理  All Rights Reserved
クリック証券で口座開設